USO400


半分くらいうそです。

Tags


USO400

iOS11とXcode9について思ったこと

21st September 2017


Xcode9でのAdHocアプリのエクスポートまわりが色々と変わっていた。
Xcode ServerがXcodeに同梱されるようになった影響かもしれない。

https://developer.apple.com/library/content/documentation/IDEs/Conceptual/AppDistributionGuide/TestingYouriOSApp/TestingYouriOSApp.html

AdHocビルドするときに今まではTeamの選択をするだけだったけどプロビジョニングプロファイルも選択できるようになっていた。また成果物もAdHocビルドしたときに今まではipaファイルだけ書き出されてたけど

  • Packaging.log
  • ExportOptions.plist
  • DistributionSummary.plist

というファイルたちも書き出されるようになった。これによって書き出したアプリのバンドルIDや使用したプロビジョニングファイルなども確認できるようになった。

これで本格的にCIを使った開発環境の構築が進められそう。

Swift4系への以降はまだ自分が開発しているプロジェクトでは行えなさそうなので、様子見しつつかな。

UIViewController.topLayoutGuide/bottomLayoutGuidedeprecated になったのはもう諦めるしかないから UIViewController.view.safeAreaInsets ? みたいな値を使うように書き換えるしかない。つらい。

プルリフレッシュを使用しているアプリだと大変なことになっていたりするっぽい。

こればっかりはデザイナーの好み次第なので、問題が起きたらデザイナーとデザイナーが出したデザインにOKだしたPMのせいだよってことでがっつりお金もらうしかないかな。

関係ないけどSSL証明書切れていたので更新しました。



2ストロークたまに4ストローク

View Comments